スターダイアログ™️プログラム 11月開催のご案内

スターダイアログ™プログラム
次回の開催のご案内です。

 

 

 

いつも、ご訪問ありがとうございます。

昨日、
スターダイアログ™プログラムに

ご参加頂いたかたの

感想を紹介しました。

ご感想

今回、ご受講されたみなさんは

偶然にも

お仕事を退職され

ご自身を癒し

これからに備えるタイミングでした。

スターダイアログ™プログラムを
受講されると

ご自身の良いところ=価値というものが
何なのか、

星と対話するワークを通し

じわ~~っと

浸みるように認識できるのです。

スターダイアログ™プログラムを構築・監修された

ルミナさんから

お聴きしたことがあります。

「 人は癒され、満たされると

社会で役に立ちたいと思うようになります 」

スターダイアログ™プログラムでの
ワークの時間を通して

癒され、満たされていく心。

この世界で

天意を顕現するものとなるよう

その基盤の確立のためのワークとなるのです。

さぁ、あなたも

星と対話しましょう。

 

わたし=景子のオーガナイズで開講する

スターダイアログ™プログラム

日時 2020年11月10日(火)・11日(水)・12日(木)

10:00~15:00

3日間とも同じ時間帯(途中で昼休憩を取ります)

ZOOMでのオンライン開催です。

スターダイアログ™プログラム
3日間 オンライン講座

プログラムの流れ

・簡単なホロスコープの見方(天の枠組み・地の枠組み)
・基本の自分と命を運ぶ力・運命の発動、人生の学びの流れ
・エネルギーの源泉(太陽の星座)
・こころの安定(月の星座)
・人から見た印象(ASCの星座)
・判断力・交渉力(水星の星座)
・価値感・表現力(金星の星座)
・目標に向かう力(火星の星座)
・克服する力(土星の星座)
・YESという力と幸運期(木星の星座)
・社会での機能(MC点)
・過去生からの習慣(ドラゴンヘッド)
・あなたが養ってきた命を運ぶ力(ハウス)
・太陽のハウス(人生を切り開く力を養う場所)
・木星のハウス(自己肯定を養う場所)
・土星のハウス(克己心を養う場所)
・冥王星のハウス(精神力を養う場所)
・天王星のハウス(解き放つ力を養う場所)
・海王星のハウス(愛を養う場所)
・あなたの星の花オリジナルマンダラ作成

たくさんあるように感じますが
知識を入れるのではなく
全てワーク形式ですから、楽しみながら自分を知ることが出来ます。

用意して戴くもの
筆記用具・色鉛筆(12色以上)

受講料
36,900円  (オンラインレッスン価格)
事前振込みになります。お申込み後、振込先の連絡をいたします。
※再受講のかたは10,800円
(新規受講者と同時受講のタイミングでご参加戴けます)

定員
3名様~4名様 グループワークです。
募集中です。残席2名様

修了証明書
ご受講後、郵送いたします。

資格
ユニバーサル・アーツ・アカデミー会員入会資格
(ご受講後にご案内いたします)
こちらに入会されると龍頭図の勉強会にも参加できるようになります。

ユニバーサル・アーツ・アカデミー上級コース受講可

お申し込み締め切り
11月4日(水) 定員になり次第、締め切り日を待たずに受付終了します。

キャンセルポリシー
入金確認後に課題・事前学習・テキスト類を配布します。
入金時点でセミナーが開始になるため
入金後の返金はしておりません。
日程等よくご確認の上、お申し込みください。

星座やホロスコープのことを知らなくても
ご自身の価値が理解できるワーク。

いつの間にか
占星術の基礎も理解出来る内容になっています。

スターダイアログ™プログラム詳細

先日、スターダイアログ™プログラムを開講して

日を追うごとに
全ての経験の本質は

《 愛 》だったんだなぁと

より深く

さらに明確に感じることになりました。

充実の3日間。

ご一緒に

【 自分自身を愛しましょう 】

お問い合せ&お申し込み

スターダイアログ™プログラムのテキスト提供など
運営の母体は、

ユニバーサル・アーツ・アカデミー

生きること、いのちの尊さに重きを置き、
自らの人生を主体的に生きるための知識を習得する
勉強会が開かれています。

龍頭図の勉強会は
スターダイアログ™プログラムを受講され

ユニバーサルアーツアカデミー入会後に参加できます。

今回のスターダイアログプログラムの日程は
平日ですが

土日や祝祭日、
3回連続○曜日という設定も可能です。

お気軽にお問い合せください。

お問い合せ&お申し込み

関連記事

  1. マンダラアートベーシックコース オンライン受講のご感想

  2. ブランディングワークメニュー スターダイアログプログラム

  3. 和 新作マンダラアート

  4. 罪悪感を手放す

  5. 卑弥呼 日本の神のエネルギーを描くようになったきっかけ 

  6. マンダラアート 認定者のテキスト勉強会でした。

  7. 【浄化】マヤ暦での大晦日

  8. マンダラアートレッスンでの作品を天井画風にしてみました。