明日から 東京駅八重洲地下街でアートご覧頂けます♪

今年は、八百万の神と題し

日本の神々のアートを描いています。

先日は、出雲へお詣りに行って来ました。

神様のアートを描くときには

できるだけ
その神様を感じることをします。

今回は、島根県出雲市

出雲大社の大国主命と

 

 

島根県松江市の

美保神社の事代主命を
体感してきました。

国譲りの神話で知られる2柱の神

出雲の神=大国主命は、

広大な出雲平野に鎮座されています。

出雲の地では

何度、訪れても

素晴らしい雲が見られます。

広大で勇壮なイメージ。

大国主命のエネルギーを描いている間に
感じて来たのは

この広い平野をながめ

民が幸せに暮らす世を
創りたいという思い。

大国主命 テーマ 《 安寧 》 

 

美保神社は、

日本海と宍道湖の間にあり

祭でも船が出る

水がテーマの場所。

事代主命は、

えびす様とも言われていて

美保神社は

大漁を祈願するところ。

漁は、

天候に左右される。

 

釣ったものは

天からの恵み。

天から・・・と意図するところが

祈りとなる。

事代主命 テーマ 《 ゆだねる 》

どちらも

明日から開かれます

世界一小っちゃい?! ミニ絵画展 

2020年12月14日(月)~20日(日)
10:00~20:00 最終日15:00まで

ギャラリー八重洲・東京

 

にて、展示販売します。


DMの作品は、昨年度の出展品です。

どうぞ、ご高覧ください。

お問い合せ

いつも、ご訪問ありがとうございます。

関連記事

  1. 天の祝福 新作マンダラアート

  2. 「歓露」上野の森美術館で本日から展示されます

  3. これからのレッスン・講座 ご案内

  4. 宇宙女子博2022桜 始まりました!

  5. マンダラアートベーシックコース オンライン受講のご感想

  6. フラワーオブライフファシリテーター 認定者さんの作品紹介

  7. オンラインレッスンにあるといい♡webカメラ

  8. 仲間展は、魂のアセンションプログラム